6/27/2018

地震が起きた時に改めて思tた。

次にあなたの声を聞くまでは死にたくない。

次にあなたの笑顔を見るまでは死にたくない。


あなたと散歩ができるまでは死にたくない。

あなたとハグするまでは死にたくない。

あなたにキスできるまでは死にたくない。

あなたに抱きしめてもらえるまでは死にたくない。

あなたに愛されないまま死にたくはない。

こんなに「生きたい」と思ったのは初めて。

兎にも角にも今日も君に会いたい。

4/26/2018

距離。


耳元で聞こえるその音は、鼓膜を振動させ、骨を伝い、私の心に響く。


ただの友達リスナー。
そんなことは分かってる。
だけれどもちゃんと聞いていることは伝わるし。
それでいい。


と、思うわけでもない。

飛んでって会いにいくこともできるよ。
きっと楽しくおしゃべりもできる。
甘いものを食べて、散歩することもできる。


だけれども。
直に耳元で聞くことはできるのだろうか。

踏み出すには自分はちっぽけで。
自信もなくて。怖くて。

だから今日も遠くからイヤフォンを通じてこっそり耳元で君の声を聞くの。



=====
エッセイ テーマ 「声」



4/10/2018


ひねくれさんと
どくぜつさんはきがあうよね。そりゃ。
とうふめんたるはかやのそとだよ。
おもしろあんけんがあったらね。
うん。そりゃいくよね。
あたしせんすないもん。
なおんないもん。
じゃあずっとこのままだよ。
ずっとだいすきだけど
だからつらいよ。
こんなめんたるでいたら
おうちでいじめられるし。
ていきあつだから
いつものじゅうばいつらくって
ずっとずっとないてるの。
ばかはしんだらなおらんかなぁ。
せんすもなおんないしな。
むりか。



月一くらいでクル日。


仲良しと思っているお友達にちょっとくらい
忖度されたいと思うのはダメなのかな?
センスない人間はお友達でもダメなのかも。
それでも大好きだけれど。一歩通行が多いと
低気圧の日は辛いんだ。センスは直んないだもん。
そのままのあたしじゃダメなんだと思い知らされる。





3/04/2018

僕は君が毎日どうやって暮らしているか気になるんだ。

みんなは気にならないの?

僕が変なのかな?

遠くて君が見えなくて。

今日も寂しくて悲しくて不安だよ。

僕のこと、1度でも思い出してくれたかな?

僕のこと、どう思っているんだろう?

ずっとずっと考えちゃうんだ。

ねぇ、君は気にならないの?

2/21/2018

分かってる。


あたしがいなくったって君は平気だ。
自分で可視化して自分で苦しんでるんだ。
私はバカだ。



タイムリミット


これもか。

一生懸命考えて届けたものの返信がおちゃらけだった。
多分、悪気がないと頭では分かっていても自分でもびっくりするほどショックを受ける。

バカにされている気がする。
話をずらそうとしている気がする。
あたしのことなんて本当は嫌いな気さえしてきた。

怒りのような寂しいような悲しいような。
ややこしい感情がないまぜになって涙となって溢れてしまう。

一晩寝て起きて、思い出した事がある。

あたしの母はプレゼントなどの期日にうるさい人だった。
クリスマスなら24か25日、誕生日なら少なくとも誕生日その日までに届けなければ「そんなものは意味がない!むしろダメ!」とキレてしまう人だった。

こういう時にはこうであるべき。
自分ごとならコントロールできる。
しかしそれが他者である場合にはそうはいかないときは当然あるわけで、その時に自分がどう反応するのか。
そしてそれが想定する範囲内であれば、受け止められるのかもしれないが、そこが全く理解できない場合ダメージとしてあたしの胸を撃つ。

そうか、これは母譲りだったのだ。
ちょいちょいタイミングを外してしまい、「意味ねぇ!」とバッサリ切り捨てられるその苦しみ。
合わせ鏡であたしも誰かにぶつけようとしていたのだ。

・・・いや、ぶつけてはない。
堪えているから自分の体に跳ね返る。
自分のエゴから生まれたものでしかないから、自分で処理するしかないのだけれど、やっとこさ今、そのことに気がついたので試行錯誤するしかないのだろうなと、腫れぼったくなりすぎて開かない目で寒空を見上げてため息をついた。

Template by:

Free Blog Templates